ストップ・ザ・自死&エイズ&ドラッグ
ホームお問い合わせサイトマップご利用条件個人情報保護方針
  ご挨拶 ・ お知らせ
 現在、アメリカと日本の人口は全世界人口の6%を占めておりますが、この6%の人間が世界の年間食料の50%を消費しています。日本人がうみだす残飯の量は、年間9億万人分以上の食料にあたり、お金に換算すると8兆円にもなります。しかし、世界では7人に一人の割合で飢えに苦しみ、その数は23億3千万人、そして一分間に40人、一日にすると5万7千人もの幼い子供達が餓死しているのです。その数は年間2,100万人になり、札幌市の人口の10倍以上にものぼります。また、世界の子供達の6人に一人は労働を課せられ、その数は2億4千6百万にもなりますが、仕事の内容は自爆テロや大人も手をくださない様な危険な仕事、後に兵士が少しでも安全に移動するために地雷原で遊ばされたり、児童ポルノや売春、少年少女兵などです。その仕事の報酬は、日本円にして年収12円、月にわずか1円なのです。

 そして、世界の3人に一人は内戦や紛争という戦時下に暮らし、世界中のAIDS感染者は、2007年に4,000万人を超え、アフリカのボツワナの女性は貧困と不衛生がもとで、平均寿命は34歳、地雷によって一時間に一人は死傷し、世界の5人に一人は1日1ドルにも満たない月3,480円で暮らしている事実など、世界中の生活はこんなに大変であるのに日本は先進国一、自殺者の多い自殺大国です。行方不明者を入れるとその数は14万人以上を超え、これは恵庭市と千歳市の総人口にあたります。平和ボケしているとしか言いようがないこの日本の実態・・・自分には関係のない世界のどこかで起きている事、他人の事と思えるかもしれませんが、全世界の不況は日本の不況となり、日本の人口の減少は日本の国家力の低下を招き、我々のビジネスの大きな打撃となります。少子高齢化の今、この自殺やAIDS、ドラッグで破壊されていく若者達を救い、人口減少をくい止めていかなければなりません。

 自殺予備軍のいじめを受ける子供、不登校児、引きこもりやニートの子供達に仲間作りの場を提供し、共に生きる喜びを感じてもらうため、無料で歌やダンス、演劇のレッスンを受けてもらい、共に汗し、生きる喜びを感じてもらえるよう、そして折れない強い心を持つ大人に成長してほしいと願い、私共は公演等の活動を行っております。我々のこの小さな活動は氷山の一角にすぎないかもしれませんが、皆様の力量を少しだけでもお貸しいただき、一丸となれば必ず大きな何らかの力になると確信しております。

 今現在、当団体には100名以上の会員の方がおりますが、社会に貢献し、必要な人間となり、人生を味わって行ける、そんな仲間がたくさんおりますので、力を合わせて邁進していきたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

 吉田松陰の著に「人間誰もが持っている潜在能力の偉大さを知り、その素晴らしい能力を無限の叡智と一体化させ、浩然の強烈な気のエネルギーとし、逃げ出さない精神や、道義心、正義感、人に尽くす心を持ち、倫理観のある生き方をした人は、運やチャンスの流れを自然に得られる。目先の損得に走らず、仁の心を持たないと雑事やくだらない事に追われ、その人生は終わる」と残しています。また、石田梅岩は「無私、自己犠牲、感謝、感動、感激、誠実、勤勉、正直を実践した人が、安定と繁栄を手にする」と残し、カール・グスタフ・ユングは「意識の根底に無限に広がる感情、直感、情緒がある。これは民族や人類、先祖など幾重もの層になった共通の無意識層の元型。この力は、本当に困り抜いた時、本物の人間の心理の中から、無限の道が沸いてくる。しかも、これは老若男女は問わない。内面の力を身に付けずに、外側に意識すれば、何のヒントもインスピレーションも沸かず、間違った最悪の方向へ人生がスタートする」と著作で残されています。
 どうか、今後共、NPO法人国際曲劇団を宜しくお願い申し上げます。
 国際曲劇団は、北海道の文化や芸能を、歌やダンス、そして演劇などによるイベント活動を通じ、社会的弱者(青少年・障害者・高齢者・被災地住民・自死遺族・HIV感染者・薬物依存者等)へ直に感動を伝え、心を豊かにする機会を提供することで、共に助け合いながら生きる社会作りを推進し、子供達に明るい未来を残すことで、広く地域社会に貢献することを目的とした団体です。
一般財団法人・特定非営利活動(NPO)法人 国際曲劇団
〒064-0914 札幌市中央区南14条西8丁目5-50クリオ行啓通弐番館1階  
電話:011-511-9044 / FAX:011-511-9022

北海道知事 NPO法人認証番号709号
COPYRIGHT International Music Theatrical Company. ALL RIGHTS RESERVED